NEWSニュース

2018.06.15原作本『それからの彼女』好評発売中!
原作本『それからの彼女』

『グッバイ・ゴダール!』の原作、アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説『それからの彼女』が本日発売となりました。

詳細な解説も付いているので、五月革命に沸く1960年代当時のパリの時代背景がよりわかること間違いなしです!

映画公開より一足お先に是非お楽しみください。

詳しくはこちら

2018.06.14フランス映画祭2018 セルジュ・トゥビアナ氏×矢田部吉彦氏によるQ&A実施決定!

6月21日(木)より開幕となるフランス映画祭2018にて、『グッバイ・ゴダール!』が公式上映されます。

★『グッバイ・ゴダール!』公式上映
日時:6月22日(金) 12:30~
場所:イオンシネマみなとみらい(神奈川県横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ5F)

チケットはイオンシネマe席リザーブまたは上映劇場窓口にて好評販売中です!
http://cinema.aeoncinema.com/wm/minatomirai/

上映終了後には、フランスの映画研究の第一人者であり、カイエ・デュ・シネマの映画評論家、ジャーナリストという経歴を持つセルジュ・トゥビアナ氏(現ユニフランス・プレジデント)と、東京国際映画祭プログラミング・ディレクターの矢田部吉彦氏によるトークショー+Q&Aの開催が決定!

アンヌ・ヴィアゼムスキーやゴダールについて、またミシェル・アザナヴィシウス他の昨今のフランス映画についてなど、どんなお話が飛び出すか非常に楽しみですね。

是非上映の後のQ&Aにもご参加いただき、フランス映画をじっくりご堪能ください!

詳細はコチラ ⇒ http://unifrance.jp/festival/2018/films/65/
(Q&A等の予定は、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください)

 

セルジュ・トゥビアナ

セルジュ・トゥビアナ

1949年生まれ。1974年から2000年までカイエ・デュ・シネマの映画評論家、ジャーナリスト、編集者を務めた。Antoine de Baecqueと共同執筆し多くの言語に翻訳されているフランソワ・トリュフォーの伝記(Gallimard社、1996年)を含め、アモス・ギタイ、モーリス・ピアラ、ジョン・ヒューストンの『荒馬の女』(マグナム・フォトのアーカイブ写真を使用した)など映画に関する多くの出版物の著者である。また、自らのシネフィル人生を回想録にまとめた『Les fantômes du souvenir』(Grasset社、2016年)を出版、さらに自らの映画の研究のコレクションを『Le temps de voir』(Seuil社、2017年)として出版している。彼は多数の映画関連のラジオ番組のみならず、『フランソワ・トリュフォー 盗まれた肖像』(1993年にミシェル・パスカルと共同監督)や、『Isabelle Huppert, une vie pour jouer』(2000年)など多くのドキュメンタリーを監督している。2015年には、ケント・ジョーンズ監督のドキュメンタリー『ヒッチコック/トリュフォー』の構成台本を担当した。 2003年5月から2016年1月までは、シネマテーク・フランセーズの所長を務め、「Renoir / Renoir」、「Maurice Pialat:Peintre&Cinéaste」、「FrançoisTruffaut」などの展覧会を企画した。2014年と2015年には、国立映画センター(CNC)のAvance Sur Recettes委員会の委員長を務めた。2017年7月6日、2年間の任期でユニフランスのプレジデントに選出された。
https://en.unifrance.org/directories/person/19877/serge-toubiana

2018.06.01ムビチケカード好評発売中です!

『グッバイ・ゴダール!』のムビチケカードが本日より発売開始となりました!
お買い求めの方に先着でオリジナルミニノートをプレゼント致します。
是非この機会にお買い求めください!

劇場情報や詳細はこちらよりご確認ください。

2018.05.23ステイシー・マーティン来日記者会見を実施しました!

『グッバイ・ゴダール!』の主演女優ステイシー・マーティンが来日し、記者会見を実施しました!
新時代のゴダール・ミューズと名高い彼女が本作に出演するきっかけや撮影について熱く語ってくれた会見の様子をお届けします。

集まったマスコミの皆さんから盛大な拍手で迎えられ登壇すると、7歳から13歳まで日本に住んでいた経験を持つステイシーは「東京にまた来ることができて嬉しいです。日本は私の一部でもあるので、この作品を皆さんに観て貰えることを嬉しく思っています。」と笑顔でご挨拶。

ステイシー・マーティン来日記者会見を実施しました!

続いて、この作品のオファーを受けた時の気持ちを問われると、「フランスでは誰もが知っているゴダールを扱った映画というだけでなく、アザナヴィシウス監督が彼の得意とするコメディに再び立ち戻る作品でとてもワクワクしたのを覚えています。今回演じたアンヌ・ヴィアゼムスキーの作家としての側面は知らなかったのですが、そういった部分も含めて、役者・作家としての彼女を知ることができ、そこで感じた事を物語を通して伝えるということが重要だなと感じました。」とオファー時の率直な気持ちを語ってくれました。

また、今回演じた実在の人物アンヌ・ヴィアゼムスキーを演じるにあたって準備したことや心掛けたことはありますか?と質問が及ぶと、「実在の人物を描いた作品であり、脚本もアンヌ・ヴィアゼムスキーが書いた原作が元になっているので、その部分も大切にしながらアプローチしていきました。アンヌ自身も快くサポートしてくれましたし、彼女の記憶を映画にしているので彼女の持つエッセンスや感受性を大切に保たなければと思う一方、監督は当初から伝記物にはしないと言っていたので、色んな要素を咀嚼して再解釈する“ポップ・コラージュ”をこの作品で取り入れています。もっと抽象的なあの時代のアイコンと呼ばれていた女性たち全てを包括している、例えばジェーン・バーキンやゴダール作品で有名なシャンタル・ゴヤのようなキャラクターにしようと決めました。」とフレンチカルチャー全盛の1960年代の女性像を研究してアンヌ役に挑んだエピソードを披露。

最後に、ゴダール監督に馴染みのない人向けにこの映画の普遍的な魅力を問われると、「ゴダールの事は忘れてみましょう!邦題は『グッバイ・ゴダール!』です(笑)この作品はラブストーリーでありコメディでもあるので、ゴダールの事を全く知らなくても楽しめる映画だと思います。映画やゴダールに関する知識をプレッシャーに感じずに、観てもらえばと思います。もちろん観た後に、ゴダール作品やアンヌの出演した作品・小説、アザナヴィシウス監督の過去作にも興味を持ってもらえたら嬉しいですね。」とユーモア溢れる回答で会場から笑いを誘っていました。

ステイシー・マーティン来日記者会見を実施しました!

『グッバイ・ゴダール!』は7月13日(金)より全国順次公開です!