映画賞_映画評
STORY

STORY

誕生からまもなく130年、今も絶大なる人気を誇る、世界で一番有名な名探偵シャーロック・ホームズ。生みの親であるアーサー・コナン・ドイルの手によるシリーズは“正典”と呼ばれ、褪せることのない魅力で新しい読者を獲得し続けているが、パロディやパスティーシュにも優れた作品が数多くある。それらのなかでも、死を前にしたホームズが引退の原因となった未解決事件に再び乗り出すという、画期的かつ異彩を放つ小説の映画化が実現した。
海辺の家でミツバチの世話をしながら、穏やかな余生を送っているシャーロック・ホームズ。だがホームズには、死ぬ前にどうしても解かなければならない謎があった。約30年前、助手にして親友のワトスンがホームズのもとを去った日、ある男から奇妙な調査依頼が舞い込んだ。彼の妻が夫に隠れて怪しげな音楽教室に通い、亡くなった子供たちとの“交信”にのめり込んでいるというのだ。ホームズの捜査があぶり出したのは、妻による夫の殺害計画だった。しかし、事態は思わぬ方向へと転がり、取り返しのつかない失敗を犯したホームズは引退に追い込まれる。今、推理のカギを握る日本への旅から帰国したホームズは、探偵の才能を秘めた家政婦の息子ロジャーを助手に、最後の推理を始める!

STORY
STORY
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの名優イアン・マッケラン主演
    全英、全米のホームズファンからも熱く支持された極上のミステリー

    不世出の名探偵を演じるのは、『ロード・オブ・ザ・リング』でアカデミー賞®にノミネートされた英国の至宝サー・イアン・マッケラン。ロンドンのお洒落なベイカー街を舞台に、超人的な観察力と推理力を披露する〈誰もが見たい現役のホームズ〉と、美しい田園風景の中でミツバチと暮らす〈誰も見たことのない引退後のホームズ〉を完璧に演じ分けた。
    住み込みの家政婦のマンロー夫人には、『ラブ・アクチュアリー』のローラ・リニー。人間味あふれる演技で常に観客の心をつかみ、アカデミー賞®に3度ノミネートされている。最後の事件に挑むために、ホームズがどうしても訪れなければならなかった日本で、ホームズを案内するウメザキに『ラスト サムライ』などで数々の賞に輝き、国際的にも活躍する真田広之。実はホームズと因縁の過去を持つ男をミステリアスに演じた。マンロー夫人の息子で、ワトスンの著作を読みこむ立派な“シャーロッキアン”で、最年少にして最後の名助手として活躍するロジャー少年には、マイロ・パーカー。本作での利発で愛らしい存在感が大注目を浴び、第18回英国インディペンデント映画賞有望新人賞にノミネートされるなど多くの映画賞で評価されている。またティム・バートン監督の最新作にも起用された期待の天才子役だ。

  • 製作は『英国王のスピーチ』のイアン・カニングら。監督は、アカデミー賞®6部門にノミネートされた大ヒット作『ドリームガールズ』のビル・コンドン。過去にマッケランを主役に起用した『ゴッド・アンド・モンスター』では、自身はアカデミー賞®脚色賞を受賞し、マッケランは主演男優賞にノミネートされた。サスペンスを盛り上げる音楽は、コーエン兄弟監督作で知られ、先ごろ話題作『キャロル』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたカーター・バーウェル。世界最大の都市だった時代のロンドンの街並みを再現した美術は、『恋におちたシェイクスピア』でオスカーに輝いたマーティン・チャイルズ。
    「緋色の研究」や「バスカヴィル家の犬」からの引用、ワトスンやホームズの兄のマイクロフトへの言及、何より本人の希望通りに引退後は養蜂を営むなど、“正典”への数々のオマージュは、ホームズファンにはたまらない。さらに一流スタッフと名優の手によって、ホームズのポートレートに味わい深いひと筆が加えられ、緻密な伏線が張り巡らされた謎解きの先に、深い感動が待ち受ける極上のミステリーが誕生した。

STORY

STORY

豊かな緑に囲まれた海辺の家でミツバチの世話をしながら、穏やかな晩年を送っているシャーロック・ホームズ。だがホームズには、死ぬ前にどうしても解かなければならない謎があった。30年前、優秀な助手にして記録係のワトスンが結婚してホームズのもとを去った日、ある男から奇妙な調査依頼が舞い込んだ。彼の妻が音楽教師の開く怪しげなレッスンで、亡くなった子供たちと“会話”しているというのだ。ホームズが尾行を始めると、彼女は夫の筆跡を偽造した小切手で預金をおろし、薬局で毒性の強い薬を購入する。夫の殺害計画かに見えた事態はしかし思わぬ方へ転がり、ホームズは人生最大の失敗を犯して引退に追い込まれ、事件は未解決となってしまった。推理のカギを握る日本への旅から帰国したホームズは、家政婦の息子で10歳のロジャーに探偵の資質があることを見抜き、彼を助手にいよいよ捜査を再開するのだが──。

STORY

CAST

IAN MCKELLENSHERLOCK HOLMES

イアン・マッケラン
シャーロック・ホームズ

More

LAURA LINNEYMrs. MUNRO

ローラ・リニー
マンロー夫人

More

MILO PARKERROGER

マイロ・パーカー
ロジャー

More

HIROYUKI SANADAMr. UMEZAKI

真田広之
ミスター・ウメザキ

More

HATTIE MORAHANANN KELMOT

ハティ・モラハン
アン・ケルモット

More

PATRICK KENNEDYTHOMAS KELMOT

パトリック・ケネディ
トーマス・ケルモット

More

NICHOLAS ROWEMATINEE SHERLOCK HOLMES

ニコラス・ロウ
映画の中のシャーロック・ホームズ

More

STAFF

DIRECTORBILL CONDON

監督:ビル・コンドン

1955年10月22日アメリカ生まれ。 イアン・マッケランとタッグを組んだ『ゴッド・アンド・モンスター』(98)で、アカデミー賞®脚色賞を受賞。同名ミュージカルを映画化した『シカゴ』(02)で脚本を担当し、2度目のアカデミー賞®にノミネートされた。リーアム・ニーソン、ローラ・リニー出演の『愛についてのキンゼイ・レポート』(04)では監督/脚本を務めた。ブロードウェイを描くスマッシュヒット作『ドリームガールズ』(06)では、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィー、ジェイミー・フォックスたちから記憶に残る見事な演技を引き出し、ジェニファー・ハドソンがアカデミー賞®助演女優賞を獲得。その他の監督作品には、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1』(11)とその続編『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2」(12)、ベネディクト・カンバーバッチ、ダニエル・ブリュール出演作『フィフス・エステート/世界から狙われた男』(13)などがある。2014年の記念すべきブロードウェイ再上演に先行し、ラホーヤプレイハウスと首都ワシントンのジョン・F・ケネディ・センターでの上演契約が結ばれたリバイバル作品「サイド・ショウ」で演出家としてデビューを果たし、高評価を得た。現在、フィルム・インディペンデント/映画芸術科学アカデミーの理事を兼任している。

PRODUCERANNE CAREY

アン・ケアリー

More

PRODUCERSIAIN CANNING & EMILE SHERMAN

イアン・カニングとエミール・シャーマン

More

SCREENWRITERJEFFREY HATCHER

ジェフリー・ハッチャー

More

EDITORVIRGINIA KATZ

ヴァージニア・カッツ

More

DIRECTOR OF PHOTOGRAPHYTOBIAS SCHLIESSLER

トビアス・シュリッスラー

More

PRODUCTION DESIGNERMARTIN CHILDS

マーティン・チャイルズ

More

COSTUME DESIGNERKEITH MADDEN

キース・マッデン

More

COMPOSERCARTER BURWELL

カーター・バーウェル

More

comment

円熟のシャーロック・ホームズが見出した
究極の真理に酔いしれる。

赤川次郎

作家

93才のホームズ! 老いに傷つく普通の老人が、鋭い推理の代りに、人生への深い洞察力で過去の事件を解きほぐす姿に心うたれる。 英国ミステリーの味わいに酔う秀作。

榎木孝明

俳優

人は人生にやり残した事があると思った時、 自分の老いにあせりを覚えるのかも知れない。 その微妙な心情を見事に演じたイアン・マッケランに役者魂の真髄を見る思いがした。

麻木久仁子

タレント

老境のホームズが最後に挑む謎。 それは「ホームズ自身」だった! 知力を振り絞る彼の孤独。後悔。そして安堵。 今まで見たこともないホームズが、ここにいる!

東ちづる

女優、タレント

しらないこと、思い出せないこと、忘れていくこと… 彼が解決できなかった事件が、彼の孤独をカバーしてくれるなんて。 ネガティヴだと思うところに、希望が隠れているのかもしれない。

一路真輝

女優

世界中のシャーロキアンがこの映画を見て安心するでしょう。孤独な心を知識で埋めてきたホームズの余生に、救いの天使が表れます。 二人の存在感がとにかく素晴らしい!!

小堺一機

“老い”に悩むシャーロック、美しいイギリスの田園風景と、イアンマッケランの名演に酔いながら、知的な旅を堪能出来る。それはこの物語の初歩的な一歩だけれど…。

ハリー杉山

タレント

孤独を知識で埋めてきたシャーロックの最後の戦いを演じるイアン・マッケランにただ感動。 今まで誰も見たことない、一番リアルなシャーロックにあなたは心を打たれるでしょう。just beautiful.

松田青子

作家、翻訳家

ホームズが挑む人生最後の謎は自らの「老い」だった、というのが泣かせる。 全盛期のようには動かない体と心で奮闘する、イアン・マッケランのホームズに出会えて良かった。

東山あかね

日本シャーロック・ホームズ・クラブ主宰者

物忘れには「日本のある特別なもの」が必要と、はるばる日本へ。 彼の状況は好転するのか?「死は深い悲しみだ」と言う、黄昏時のホームズにまた会いたい。

池田邦彦

漫画家(『シャーロッキアン!』作者)

シャーロッキアンにはピンとくる『カックミア・ヘヴン』の駅に老ホームズが降り立つ冒頭から大興奮。いっときも目がはなせませんでした!

衿沢世衣子

漫画家

物忘れも激しく足腰もヨボヨボ、でもやっぱり冴えてるお爺ちゃんホームズがなんとも魅力的。記憶と時間が交差する、スリリングな展開に夢中になった!

鈴木次郎

漫画家・イラストレーター

謎+老ホームズ+ちびっこワトソンだと…?設定だけでご飯三杯イケるわ!!…と思ってましたが案の定萌えました。この作品の住人になりたい…ミツバチでいいから!

小林エリカ

作家・マンガ家

かのホームズ様を前に、まさか哀愁や叙情を感じることになろうとは!このホームズは、死ぬこと、生きること、人生という最大級にして最後の謎に挑む、名探偵に違いない。

牧野修

作家

老人の活躍する映画が好きだ。 晩年の、と名前の前にくっついているだけで切ない気分になる。 そして晩年のホームズを描くこれは「気難しい老人映画」で生涯ベスト3に入る傑作だ。

(敬称略、順不同)