プロフィール

1976年生まれ、愛知県出身。大阪芸術大学映像学科在学中、熊切和嘉監督の卒業制作『鬼畜大宴会』(97)に参加。以降、『海炭市叙景』(10/第65回毎日映画コンクール撮影賞受賞)、『私の男』(14)、『武曲 MUKOKU』(17)など多くの熊切作品の撮影を手がける。また大学同期の山下敦弘監督作品は、初期“ダメ男三部作”から、『天然コケッコー』(07)、『マイ・バック・ページ』(11)、『オーバー・フェンス』(16)に至るまで、同じく多くの撮影を担当。他の主な作品に『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)、『バンクーバーの朝日』(14/石井裕也監督)など。吉田監督とのタッグは、第54回日本映画撮影監督協会新人賞(三浦賞)受賞の『パーマネント野ばら』(10)、第34回ヨコハマ映画祭撮影賞受賞の『桐島、部活やめるってよ』(12)に続く3作目。