プロフィール

1960年生まれ、愛媛県出身。黒澤明監督、市川崑監督の作品に録音助手として参加。91年、君塚匠監督の『喪の仕事』で録音技師デビュー。『蕨野行』(03/恩地日出夫監督)にて日本映画技術協会映像技術賞受賞。主な作品に、小栗康平監督の『埋もれ木』(05)、『FOUJITA』(15)、原田眞人監督の『クライマーズ・ハイ』(08)、『駆込み女と駆出し男』(15)、『日本のいちばん長い日』(15)、中島哲也監督の『告白』(10)、『渇き。』(14)、三木孝浩監督の『僕等がいた 前・後篇』(12)、『陽だまりの彼女』(13)など。他に『LoveLetter』(95/岩井俊二監督)、『蜩ノ記』(14/小泉堯史監督)など。吉田監督作品は、デビュー作『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)以降、『クヒオ大佐』(09)、『パーマネント野ばら』(10)、『桐島、部活やめるってよ』(12)、『紙の月』(14)、そして本作まで、全ての作品の録音を手がける。