• <span id="190107_gg2019"></span>第76回ゴールデン・グローブ賞 最多3部門受賞! 2019.01.07 POSTED

    <span id="190107_gg2019"></span>第76回ゴールデン・グローブ賞 最多3部門受賞!

    日本時間1月7日(月)、アカデミー賞&reg;の前哨戦として最も注視されるゴールデン・グローブ賞の受賞作品が発表され、『グリーンブック』は最多3部門受賞致しました!1月22日(火)に発表になりますアカデミー賞&reg;ノミネートにも引き続きご期待ください! ☆作品賞(ミュージカル・コメディ) ☆助演男優賞:マハーシャラ・アリ ☆脚本賞:ピーター・ファレリー、ニック・バレロンガ、ブライアン・カーリー &nbsp; <受賞スピーチ> ●作品賞:ピーター・ファレリー 本当に本当にありがとう。映画をつくりはじめたときこんなこと夢にも思いませんでした。 ドン・シャーリーとトニー・リップが差別の残る1960年代に旅をする物語です。ドン・シャーリーは素晴らしい人だが、評価されない天才でした。演奏したい音楽を肌色が理由で演奏できなかった。彼は自分で音楽のジャンルをつくりだし、今も聞かれる素晴らしい音楽をつくりだしました。トニー・バレロンガはイタリア系の移民でブロンクス出身で、他者を受け入れない文化で育った。ドン・シャーリーとの旅で世代を超えて続く友情を育みました。この物語を初めて聞いたとき、希望を覚えました。その希望をみなさんと共有したいのです。なぜならわれわれはいまだにむしろ以前よりも分断された世界で生きています。これはみんなの映画です。話して、偏見を持たずに共通のことを探すだけでいい。みんな欲しいのは一緒。愛、幸福、平等に扱われること。そんなに難しくないはず。ありがとう。 ●助演男優賞受賞:マハーシャラ・アリ 皆さん、ありがとうございます。グリーンブックの仲間にも感謝申し上げます。 ご存じのとおり、ドクター・シャーリーは素晴らしい方です。彼の情熱、才能、尊厳が彼を築き上げ、そして、それが本作で彼を演じる僕を後押ししてくれました。 監督、一緒に仕事ができて心から感謝申し上げます。あなたは、本当に辛抱強いですよね、というのも、僕とヴィゴ双方から深夜2時とかにメールが飛び交っても受け入れ、僕たちを導いてくれた。ヴィゴ、君は最高の共演者だよ、僕を毎日励ましてくれた。一日も休まずにね。そう、撮休ですら(笑)本当に大好きだ。 リンダ、少ししか過ごすことができなかったけど、あなたと仕事ができたことは素晴らしい経験だ。あなたはまさに本作の核で美しい人だ。みんなありがとう。ここにいれて最高だ。 ●脚本賞:ニック・バレロンガ(主人公トニー・バレロンガの実の息子) ありがとうございます。大変光栄です。一緒に執筆したブライアン・カーリー、ピーター・ファレリーもありがとう。リンダ、母を演じてくれて彼女をみるだけで泣いてしまいそうだ。もう、見ることもできない。天才マハーシャラ・アリ。かつてない天才が天才を演じました。ヴィゴ・モーテンセンが父を演じてくれた。どれだけ感謝してるか言い表せない。全て彼のおかげです。家族や友人が助けてくれました。母、父、そして、ドナルド・シャーリー、感謝してもしたりないです。胸がいっぱいです。ありがとうございました。

  • ルカ・グァダニーノ監督も来日時に絶賛!感激!<br>画家ヒグチユウコ氏が手掛ける“日本限定ポスター”が解禁! 2018.12.21 POSTED

    ルカ・グァダニーノ監督も来日時に絶賛!感激!<br>画家ヒグチユウコ氏が手掛ける“日本限定ポスター”が解禁!

    この度、画家のヒグチユウコ氏が、サスペリアへの想いが溢れ描き下ろしたオリジナルイラストを制作。そして本映画の製作サイド公認の「日本限定 ヒグチユウコ画ポスター」が完成いたしました! ベルリンを拠点とする世界的に有名な舞踊団&ldquo;マルコス・ダンス・カンパニー&rdquo;に夢と希望を胸にアメリカからやってきた主人公・スージー・バニヨン(ダコタ・ジョンソン)とカリスマ振付師マダム・ブラン(ティルダ・スウィントン)の2種のイラストによるポスターが到着。 更にこのイラストポスターに加え、デザイナー大島依提亜氏による「日本限定デザインポスター」も到着。 &nbsp; ヒグチユウコ画 日本限定ポスター &nbsp; 大島依提亜氏によるデザインポスター

  • Blu-rayとDVDが、ついに2019年4月3日に発売決定! 2018.12.21 POSTED

    Blu-rayとDVDが、ついに2019年4月3日に発売決定!

    本作品のBlu-rayとDVDが2019年4月3日に発売決定致しました! 豪華版にはメイキングやイベント映像集など貴重な特典映像を収録。 加えて、特製のブックレットが付いてきます。 劇場でご覧になった方も、これからの方も満喫できる内容となっています。 豪華版Blu-ray(2枚組:本編BD+特典DVD)PCXC-50147¥6,700(本体)+税 豪華版DVD(2枚組:本編DVD+特典DVD)PCBC-52638¥5,800(本体)+税 通常版Blu-ray(本編BD)PCXC-50148¥4,700(本体)+税 通常版DVD(本編DVD)PCBC-52639¥3,800(本体)+税 【特典映像】 ●メイキング/公開特番/イベント映像集/ロールナンバー集/予告編集他 【封入特典】 ●ブックレット ※上記全て予定。変更になる可能性があります。 是枝裕和監督コメント 小さく産んで、細く長く育てていこうという発想で取り組んだ映画が、 公開当初から、こんなに多くの方に劇場に足を運んで頂けるなんて、 思ってもいませんでした。監督としては望外の喜びです。 この度は、Blu-ray、DVD発売とのこと。 欲張り!とお叱りを受けそうですが、お手元に置いて頂けたら、嬉しいです。 安藤サクラ(柴田信代役)コメント あの家族がついに、DVDに、、!! きったないおうちだったし、極寒だったけど、あの時間はなんともあたたかかった。 ひんまがったかたちだけど愛が詰まってたんだなぁ。あのこたつが懐かしい。あのお鍋が懐かしい。 歩くと足の裏真っ黒になる床も、ぬるっとしたお風呂も、とっても愛しい。 あの家はぐっちゃぐちゃに物で溢れてたけど、DVDなんて一枚も無かったなー。

  • 本日より公開!! 2018.12.21 POSTED

    本日より公開!!

    本日より『私は、マリア・カラス』の公開が始まりました。 是非、皆様劇場でご覧ください! 公開劇場の詳細は、THEATERページより。