• 25年間迷子だった男、来日!寺田心君と登壇イベント実施! 2017.03.14 POSTED

    25年間迷子だった男、来日!寺田心君と登壇イベント実施!

    本作の主人公のモデルでもある、原作者のサルー・ブライアリー氏と、天才子役、寺田心君(8歳)をお招きしてトークショーを実施いたしました。 今回のイベントは今年1月にスイス・ダボスで開催された世界経済フォーラムでユニセフが本作の特別上映を行ったことを背景に、日本ユニセフ協会主催の最速試写会も兼ねてのイベントとなりました。 下記詳細レポート ★最初の挨拶 サルー「今日はご来場いただきありがとうございます。この映画を初めて観てくださる皆さん、この旅路(映画)は強烈で厳しい旅になります。しっかり椅子に座ってシートベルトをしめてご覧ください!笑 これは私自身が経験した物語です。それが本になり映画になりました。映画化されるにあたっては監督や俳優の皆さんがすばらしい仕事をしてくださったと思っています。是非映画を楽しんでください!」 ★出来上がった映画を見てどう感じたか サルー「自分の話なので、はじめは感動しないんじゃないかと思っていましたが、映画が始まり5分経つと映画の世界に引き込まれてドキドキしながら椅子にかじりついて観ていました。この映画をみて自分の身に起きたことを客観視することができたし、当時の自分に引き戻されました。そして、自分はなんて幸運な人生を歩んだんだろうと再確認できた気がします」 ★また本作を通して伝えたいメッセージ サルー「本当に沢山あります。ただ一番言いたいことは養子縁組にもっと門をひらいてほしいという事です。人々が家族を作る選択肢の一つになったらと願います。また貧困に悩む子供たちの支援をするISSA(幼児里親養子縁組協会)のスードという女性に会い僕は助けられました。ISSAだけでなく沢山の養子縁組の財団は寄付を求めています。僕の願いが多くの人に届くよう願っています」 ★寺田心君最初の挨拶 「こんばんは。寺田心です、今日は素敵なイベントに呼んでいただきありがとうございます。日本ユニセフ協会さんでの試写会という事ですが、実は僕は小さい頃にユニセフさんから頂いたぬいぐるみのコロちゃんを、ずっと大切にしているんです」 ★映画の感想 寺田心「僕だったらどうするだろうと思って観ていました、あんなに小さい子が迷子になってしまうなんて、それを観ているだけで胸が苦しくなりました。」 ★ハリウッドデビューについて 寺田心「僕の大好きな芦田愛菜お姉ちゃんは、ハリウッド映画に出ていてすごいなって思うのですけれども僕はもっと勉強しないと難しいかなって思います。ひとつひとつのお仕事を頑張ります!」 ★最後に サルー「僕の半生はものすごい旅路でした。でもこんな滅多にない経験をした方でなくても、それぞれの形で共感してただける映画です。色々な人生の形があることを知ってもらえたら嬉しいです。リラックスして映画を楽しんでください」 寺田心「世界には悲しくて、辛いお友達がいることは少ししか知らなかった。僕がいまできる事はなんだろうと考えました。それは知ることなんだと思いました。沢山の方にこの映画を観てもらいたいです。」

  • 『ボヤージュ・オブ・タイム』公開記念舞台挨拶を実施しました! 2017.03.13 POSTED

    『ボヤージュ・オブ・タイム』公開記念舞台挨拶を実施しました!

    TOHOシネマズ シャンテにて、映画の公開を記念して日本語版語りを務めた中谷美紀さんにご登壇頂き舞台挨拶を実施しました。 中谷さんは、艶やかな青いドレスとアクセサリーで登場し「青い地球と星に煌めきをイメージしました。」とニッコリ。本作について聞かれると「寸分の隙もない美しい映像で、その中に美しいものと醜いもの、生と死、愛と憎しみといった、相反する二つのものが込められていました。人間は、どのみち死ぬために生まれてきたのかもしれないけど、それを悲しむ必要はなく、戦争さえも自然の営みの一部なのだと教えられ、ただ、いまを生きればいいと教えてもらい、心が軽くなりました。魂を優しくマッサージしてもらったかのようでした。」と作品の持つ魅力を語った。 オリジナル版では中谷さんも「大好きで尊敬している」というケイト・ブランシェットが語りを務めており、最初に日本語版の語りのオファーを受けたときは「なんで?私?」と思ったそう。それでも、マリック監督とプロデューサーのソフォクレス・タシオリス氏の「英語で聞いて字幕を読むと考えてしまう。この映画は考えずに感じてほしい」という意向を受けて大役を引き受けたそう。アフレコに際してはプロデューサーのソフォクレス氏が来日し細かく指導を受けたというエピソードも明かした。 イベントの最後には、ホワイトデーが近いこともあり映画をイメージした「宇宙ケーキ」もサプライズ登場し会場を盛上げていました! 『ボヤージュ・オブ・タイム』は全国の劇場で絶賛上映中です。 是非劇場でご堪能下さい!

  • イタリアの巨匠エイナウディ氏が『三度目の殺人』音楽を担当! 2017.03.10 POSTED

    イタリアの巨匠エイナウディ氏が『三度目の殺人』音楽を担当!

    『最強のふたり』など多くの映画音楽を手掛けイタリアで圧倒的な人気を誇る巨匠作曲家、ルドヴィコ・エイナウディ氏が『三度目の殺人』の音楽を担当することが決定。日本映画の音楽を手掛けるのは本作が初めてとなり、今回是枝監督の熱烈なラブコールによって実現しました! 2月下旬にエイナウディ氏が来日した際には、映画撮影中のスタジオを訪れ、是枝監督とご対面。今回の映画の制作にあたりずっとエイナウディ氏の音楽を聴いてきたという是枝監督は、スタジオ内のモニターで撮影中の映像をエイナウディ氏に見せながら、シーンの意味やそこに求める音楽の意図を熱く説明。2人は初対面にも関わらずすぐに意気投合し、和やかに語り合っていました。 エイナウディ氏は今後撮影完了した映像を観ながら音楽制作に入る予定。監督のイマジネーションと完全に一体化した、本編を彩るエイナウディ氏の美しい音楽の完成が今から楽しみです! ■ルドヴィコ・エイナウディ氏コメント: このプロジェクトに関わることができて大変うれしいです。是枝監督の事を尊敬しておりますし、是枝監督の過去の映画も、とても素敵だと思っておりましたので非常に光栄です。日本映画の音楽を手掛けるのも、日本の監督さんとのコラボレーションも私の人生で今回が初めてですが、日本の事が大好きですし、本当に嬉しいです。 今回は撮影スタジオに伺って、実際に映画の映像を見ることが出来て、是枝監督の求めている音楽のバランスや求められている部分がわかったので良かったです。映画の中には雪のシーンがありましたが、雪の中では周りの音があまり聞こえなくなって、自分の中にある気持ちや感情を感じさせてくれると思いますが、そのような部分を音楽で表現できたらと思っています。 ■ルドヴィコ・エイナウディ 日本公式サイト http://www.universal-music.co.jp/ludovico-einaudi/

  • メディア情報 2017.03.09 POSTED

    メディア情報

    ★ 「Cinema★Cinema 4/23号」 ★ 「シネマスクエア vol.90」 ★ 「日本映画Navi vol.68」 ★ 「J movie magazine vol.21」 3月10日(土)発売 『美しい星』完成披露試写会プレゼント