製作時コメント

中井貴一さん
コメント

助監督からたたき上げで映画を撮ってこられた武さんは、人間描写に長けている監督だと感じていたので、今回お話をいただき是非お引き受けしたいと思いました。私が演じるのは古物商の役なので、古美術関連の書籍を読んだりしています。良い意味でも悪い意味でもロマンに包まれた商売だと感じているので、演じるのがとても楽しみです。監督や佐々木さんと共に、楽しさの中に人間の本質が浮き彫りにされていくような、そんな作品にしていけたらいいなと思っています。

佐々木蔵之介さん
コメント

大阪人の「おまえ、ホンマか⁈嘘つけぇ!」は完全に褒め言葉です。「浪華の八百八橋」と言いますが、200橋くらいです。大阪では大きく盛った方が勝ちです。結果、オモロかったら良いんです。
大阪の堺を舞台に、武監督と中井さんと利休さんと嘘っぱち×100倍の映画、お楽しみに!

武 正晴 監督 コメント

今回、『百円の恋』を観てくれたプロデューサーから、オリジナル脚本で関西を舞台にした作品を撮ってみないかというお話をいただき、是非やらせていただきたいとお引き受けしました。作るにあたって、バカバカしいところもありながらホロッとくるような非常に難しいジャンルの「喜劇」に挑戦したいと考えていたので、そこには素晴らしい俳優さんが必要でした。ストーリーを考えていく中で、関東から来る男と関西の男の話にしようとイメージが固まった頃には、中井さんと佐々木さんしかいないと感じ、オファーさせていただきました。
これまで撮影などで大阪を度々訪れていますが、今回メインで舞台となる堺市は大阪の一部でありながら、歴史のある町でもあり、特有の気風や文化も根付いている素晴らしい土地だと感じています。撮影にあたっても皆さんとても協力的で有難いです。個人的に、子供の頃に見ていた堺を舞台にしたNHK大河ドラマ「黄金の日日」が大好きだったこともあり、そこにも千利休がでてきますが、今回は堺で“利休”の幻の茶器を巡る話を撮れるのは嬉しいですね。
『嘘八百』は、昨今「嘘」という言葉がネガティブで殺伐としたイメージに受け取られる世の中になってしまっていますが、先人たちの作ってくれたこの「嘘八百」という言葉は、「嘘」の中にも楽しさやおおらかさがあるものだったと思っています。僕は映画作りも「嘘八百」だと思っていますし、その「嘘八百」は楽しいものであって、自分の映画作りの根本はそこにあると考えています。
観てくれた人たちが、映画の中に出てくる嘘をそんな風に受け止めて、「嘘八百だったけど、なんて楽しい世の中なんだ!」と感じてくれる作品にできたらいいなと思います。

武 正晴 監督 プロフィール

1967年生まれ。愛知県出身。短編映画『夏美のなつ いちばんきれいな夕日』(06)の後、『ボーイ・ミーツ・プサン』(07)で長編映画デビュー。『カフェ代官山~Sweet Boys~』(08)、『カフェ代官山 II ~夢の続き~』(08)、『花婿は18 歳』(09)、『カフェ・ソウル』(09)、『EDEN』(12)、『モンゴル野球青春記』(13)、『イン・ザ・ヒーロー』(14)、『百円の恋』(14)など。『百円の恋』は、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにし話題を呼び、第88回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表作品としてもエントリーされた。公開待機作には、『リングサイド・ストーリー』(10月公開予定/出:佐藤江梨子、瑛太)がある。