NEWSニュース

2019.11.19『ヒックとドラゴン』シリーズの地上波放送決定!

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』の公開を記念して、
「映画天国」(日本テレビ)にて『ヒックとドラゴン』シリーズ過去作の放送が決定しました!

<放送スケジュール>※放送時間は変更になる場合がございます
★『ヒックとドラゴン』(吹替版)
12月3日(火)1:59~(月曜深夜)

★『ヒックとドラゴン2』(吹替版)
12月10日(火)2:09~(月曜深夜)

詳しくはこちら
http://www.ntv.co.jp/eigatengoku/

2週連続でぜひお楽しみください!

2019.11.07トイザらス限定企画!シリーズ過去作の特別上映会ご招待キャンペーン実施中!

最新映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』劇場公開を記念して、トイザらス限定でシリーズ過去作『ヒックとドラゴン』『ヒックとドラゴン2』の特別上映会を実施いたします。
全国のトイザらスのお店、オンラインストア、公式アプリで流れている最新映画予告編の最後に出てくるキーワードをキャンペーンページで入力して応募すると、抽選で100名様をご招待致します。

応募締切:11月24日(日)
開催日:12月7日(土)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

さらに、11月25日(月)からは、オンライン動画配信サービスRakuten TVでの『ヒックとドラゴン』『ヒックとドラゴン2』レンタル視聴が当たるキャンペーンも開催いたします!

詳しくはキャンペーン特設ページをご確認下さい。
https://www.toysrus.co.jp/event/CSfHikudra.jsp

2019.11.05ヒックとドラゴンたちの新たな冒険が始まる!合計100名様に豪華賞品が当たるフォロー&RTキャンペーンを開催!

12月20日(金)からの『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』全国公開を記念し、合計100名様にフォロー&RTで豪華賞品が当たるTwitterキャンペーンを実施!
ヒックとトゥースたちが目指すのは【幻の聖地】!あなたは新たな冒険に旅立てるのか!?ぜひチャレンジしてください!

<キャンペーン期間>
2019年11月5日(火)12:00~11月18日(月)23:59まで
※1日1回ご参加いただけます。

<プレゼント賞品>
・映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』US版ポスター(非売品)1名様
・映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』日本版ポスター(非売品)1名様
・映画オリジナル トゥースリュック 2名様 ・映画オリジナル トートバッグ 3名様 ・映画オリジナル マスキングテープ 2種セット 50名様 ・Amazonギフトコード 10,000円分  3名様
・Amazonギフトコード 500円分  40名様
※賞品はお選びいただけません。

<応募方法>
① ドリームワークスアニメーション 公式Twitter(https://twitter.com/Dreamworks_JP)をフォロー
② ハッシュタグ「#会えばきっと好きになる」が入った公式ツイートをRT(リツイート)
③ 公式Twitterから抽選結果を@返信ツイートでお知らせ
※対象ツイートは毎日ツイートされますので、毎日ご参加いただけます。
※キャンペーンの参加にはドリームワークスアニメーション 公式Twitterを忘れずにフォローし、キャンペーン終了までフォローを外されないようご注意ください。

<注意事項>
・参加いただく際は必ずアカウントの投稿を“公開”にした状態で参加ください。投稿が非公開の場合は参加とみなされませんのでご注意ください。
・当たり、そしてはずれの@返信は、1日1回となります。
・アクセス集中や環境などにより、返信に時間がかかる場合がございますのでご容赦ください。
・本キャンペーンに何度も応募するため、複数のアカウントを作成し参加した場合、これは応募資格無効とさせていただきます。
・キャンペーン対象の投稿を引用ツイートされた場合、特に下記の設定をされている方は、Twitterの仕様上、参加とみなされない場合がございますのでご注意ください。
※プロフィール、ユーザー名、自己紹介、画像などを設定していないアカウント
※頻繁にアクション(ツイート、リツイート、返信 など)を行っていないアカウント
※Twitterアカウント開設後、メールアドレスが本人のものか確認をするプロセスを行っていないアカウント
※開設直後で、上記に当てはまるアカウント
・リツイートより24時間経過しても返信が届かない場合、大変お手数ですが、ドリームワークスアニメーション 公式Twitterまで、DMでお問い合わせください。
・本キャンペーンは、ドリームワークスアニメーション 公式Twitterをフォローいただいている方であれば、どなたでも参加できます。
・当選は1回限りとなります。
・落選の場合は翌日に再度参加することが可能です。
・13歳未満(12歳以下)の方は保護者の方がご応募ください。
・賞品ご当選の権利はご本人様のものとし、譲渡はできません。
・通信の際の接続トラブルにつきましては、責任を負いかねます。予めご了承ください。
・インターネット通信料・接続料はお客様の負担となります。
・本キャンペーンのご参加は、日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。

<当選発表について>
・キャンペーン対象の投稿をリツイート後、@返信にて当落の結果をご連絡致します。
・当選された方には、当選の翌日中にドリームワークスアニメーション 公式Twitterから当選された方のTwitterアカウントに向けたDM(ダイレクトメッセージ)にて賞品の発送先入力についてのご案内を致します。
・当選された方で、登録内容に不備や誤りがあった場合、また2019年11月25日(月)までに発送先情報の登録がない場合等で、賞品をお届けできない場合は、当選を無効にさせていただく場合がございます。
・賞品はお選びいただけません。到着まで楽しみにお待ちください。
・賞品の発送は2019年12月~2020年1月中を予定しております。
※諸般の事情によりお届けが遅れる場合もございますので、予めご了承ください。
・本キャンペーンは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合がございますので、予めご了承ください。
・抽選方法に関するご質問の受付は行っておりません。

<個人情報の取り扱い>
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、ギャガ株式会社より委託を受けた株式会社ガイエが管理させていただきます。本キャンペーンの賞品発送以外の目的では使用いたしませんので、ご安心ください。
・お客様の個人情報を、お客様の同意なしに、業務委託先外の第三者に開示・提示することはありません(法令などにより開示を求められた場合を除く)。
・その他の個人情報の取扱いにつきましては株式会社ガイエのプライバシーポリシー(https://gaie.jp/privacy/)をご参照ください。

2019.10.31第32回東京国際映画祭にディーン・デュボア監督が登壇しました!

10月30日(水)に、第32回東京国際映画祭にて『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』を含めた映画『ヒックとドラゴン』シリーズ3作が特別上映され、シリーズ第一作目の『ヒックとドラゴン』上映前に、ディーン・デュボア監督とアニメ映画『プロメア』の脚本の中島かずき氏と対談形式の舞台挨拶、『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』上映後にディーン・デュボア監督によるQ&Aイベントを実施しました!

▼『ヒックとドラゴン』舞台挨拶
観客の皆さんから大歓声で迎えられると、シリーズの原点となる第1作目の上映にデュボア監督は「日本人はアニメに対してのリスペクトが深いし、世界のどの国よりもアニメを愛してきた文化があります。アニメ界で働くもの全員が日本のアニメにインスピレーションを受けてきました。そんな国で私たちにとっての冒険を始めてくれた第1作目を上映できるのは嬉しいです」と満面の笑みでご挨拶。

『プロメア』執筆の際に『ヒックとドラゴン』を意識したという中島かずきさんは、「集団に入ることのできない少年とドラゴンがコミュニケーションを取ることで、お互いに成長していき、その関係性が周囲を変えていく。その様子が上手く丁寧に描かれている。とてもいいジュブナイル」と物語が持つ魅力を熱弁し「『プロメア』をやるときも、『ヒックとドラゴン』のようなジュブナイルをやりたいと思って…。結局全く違うものになりましたがすごく参考にしました(笑)」とデュボア監督に告白。また、最新作『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』を一足先に鑑賞した感想を聞かれると、「シリーズの完結編として素晴らしい完成度。大変面白かったです。ヒックとトゥースがどう成長していくのか…。見事な作品でした」と期待をあおった。

そして、『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』同様に、『プロメア』も第92回アカデミー賞長編アニメ映画部門にエントリーしており、『プロメア』を鑑賞したというデュボア監督は「とても美しく、観ていてワクワクしました。そしてアカデミー賞へのエントリーもおめでとうございます。エントリーされるべくしてされた作品であり、インスピレーションを与えてきた日本のアニメ作品の中に今後加わる名作です」と大絶賛!また、影響を受けたアニメーション作品の話題になるとデュボア監督は『AKIRA』や『パプリカ』、宮崎駿作品を挙げて「『AKIRA』は10代の頃に初めて観て、アニメの勉強をしたいと私にインスピレーションを与えてくれました。そして宮崎駿監督の作品に出会い、その世界観に感嘆すると同時にイノセンスを持ちながらもパワフルな物語に魅了されました。そこで、たとえ若者向けのアニメであっても、大人向けのテーマを扱えることを知りました。アニメという部分で日本は肥沃な土地です」とジャパンアニメにリスペクト。

最後にデュボア監督は『ヒックとドラゴン』の特別上映に向けて「1作目を観ると、シリーズ2、3のテクノロジーの進化が見て取れます。第1作目はシンプルなテクノロジーで作られている分、ピュアな心で作られているともいえます。何か響くものを感じてもらえたら嬉しいです」と思いを込めました。

▼『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』Q&Aイベント
上映後の興奮冷めやらぬ会場にデュボア監督が登壇し、「日本のアニメはいつも我々にインスピレーションを与えてくれます。そして日本人は子供向けのアニメであっても大切に思ってくれるところが好きです」とご挨拶。本シリーズが愛される理由について問われると、「あくまでも個人的な視点ですが、ドラゴンというクリーチャーは、世界中の色々な文化に存在しており、ゆえに親和性の高いものです。そんなドラゴンと人間が仲良くなり、背中に乗って空を飛ぶという願望を叶えてくれる物語だから人気になったのかもしれません。そしてそんなドラゴンがこの世に実際に存在するのではないか?と思わせてくれるリアルなストーリーも世界中の人々に愛される理由かもしれません」と考察。

会場のお客さんより、ヒックの相棒として活躍するドラゴン、ナイト・フューリーのデザインについて質問されると「ドラゴンを造形する場合は、地球上に実在している野生動物を参考にデザインしています。ナイト・フューリーの場合は、世界で最強のドラゴンであり、バイキングに恐れられているイメージを与えたかったので、ブラックパンサーのエレガントさやほ乳類的な部分を参考にし、そして犬や猫のような親しみやすさや、抱きしめたくなるような魅力が出るように大型のネコ科の動物たちの動きと資質を加えてデザインを考えていきました」とクリエイターとしてこだわりを紹介!

また、本作のエンディングについて問われると、「シリーズ2作まではヒックと仲間たちは、ドラゴンとの共生という道を示しました。今作では人間が抱える問題にも触れられると思い、感情的により複雑なラストを提示しました。また主人公のヒックは、自分にはまったく価値がないというところから始まり、最後には聡明で他人のために何かをするという成長を見せます。」と最終章に相応しいラストが期待できる回答を覗かせた。また、「自然は守らなければいけないのに、人間たちは自然を傷つけるということを繰り返しています。そのような描き方には宮崎駿監督の作品から大きなインスピレーションを受けています」と明かしてくれました。

最後にデュボア監督は、日本公開に向けて「ワクワクするし、作品を気に入って楽しんでもらえたら嬉しいです。一人でも多くの日本の方に響くことを願っています。それが作品に携わったスタッフたちのなによりもの喜びだからです」と期待を込めました。

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』は12月20日全国公開です!

2019.10.1510月18日(金)より『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』ムビチケ前売券(カード)発売開始!

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』のムビチケ前売券(カード)を、
10月18日(金)より全国の上映劇場にて発売いたします。

ドラゴンたちがあしらわれた映画オリジナルマスキングテープ(※数量限定)が前売特典になります。
ぜひこの機会にゲットしてください!

オリジナルマスキングテープ

<『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』ムビチケ前売券(カード) 販売情報>
●販売開始:10月18日(金)より
●販売場所:全国の上映劇場(※一部劇場を除く)
●券種&価格:ムビチケ前売券(カード)一般1,400円(税込)/小人900円(税込)
●特典:映画オリジナルマスキングテープ
※マスキングテープはムビチケ前売券(カード)1枚に付き1個付きます。
※特典は数量限定です。なくなり次第、「ムビチケカードのみ」の販売となります。
※前売券総合サイト メイジャーでもお買い求め頂けます。(http://www.major-j.com/

2019.10.10本予告解禁&グリメル役 日本語吹替版声優に松重豊さんが決定!

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』本予告が本日解禁となりました。
ヒックとトゥースとその仲間たちが新たな聖地を求めて旅立つ、誰も見たことのない壮大な<引越し>アドベンチャー。
本予告は、観るものすべてを冒険の旅へと誘うワクワクがいっぱいの仕上がりに!

また、最凶のドラゴンハンター"グリメル"日本語吹替版声優は松重豊さんに決定!
本作最大の敵として、ヒックとトゥース達の前に立ちはだかります。

グリメル声優決定

アニメーション作品での悪役は松重さんにとって初の挑戦となりますが、「白髪の大男の悪い奴っていうのは、まさに実写でも演じられるくらいぴったりなはまり役!」とグリメル役に自信を伺わせ、予告編でも絶対的な存在感を放っています。

松重さん

ぜひ日本語吹替版の完成をお楽しみに!

2019.10.02【第32回 東京国際映画祭 上映決定!】シリーズ3作一挙見のチャンス!!

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』特別招待作品として上映決定!
さらにシリーズ過去作『ヒックとドラゴン』『ヒックとドラゴン2』も特別上映される事が決定しました!

<東京国際映画祭上映スケジュール>

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
10月30日(水)18:05-(上映時間104分)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン2

『ヒックとドラゴン』
10月30日(水)11:50-(上映時間98分)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン3

『ヒックとドラゴン2』
10月30日(水)14:50-(上映時間102分)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン3

<チケット>
10/12(土)16:00より東京国際映画祭公式サイトにて発売開始です!
https://2019.tiff-jp.net/ja/ticket/

2019.07.26『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』ムビチケ前売券(オンライン)先行発売開始!

10月発売予定のムビチケ前売券(カード)に先駆けて、本日ムビチケ前売券(オンライン)の発売が開始となりました!

ムビチケ公式サイトにて映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』のムビチケ前売券(オンライン)を購入した方限定で、Rakuten TVで『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』過去作のデジタル視聴をプレゼントするキャンペーンも実施中です!

ムビチケ前売券(オンライン)

■対象期間
7月26日(金)正午~12月19日(木)23:59  ※視聴期間は12月31日(火)23:59まで

■特典取得条件
ムビチケ公式サイトにて映画『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』のムビチケ前売券(オンライン)を購入した方

■特典
Rakuten TVで『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』過去作2作品から1本レンタル試聴をプレゼント
<対象作品> 映画『ヒックとドラゴン』、映画『ヒックとドラゴン2』

ムビチケ前売券を購入して、ヒックとトゥースの過去のエピソードも復習すれば、本作で描かれる新たな大冒険もますます楽しめること間違いなしです!

キャンペーンの詳細はコチラ
https://mvtk.jp/campaign/httyd

ムビチケ公式サイト:https://mvtk.jp/
Rakuten TV公式サイト:https://tv.rakuten.co.jp/

2019.07.24特報とポスタービジュアルが解禁!

この度、特報とポスタービジュアルが完成いたしました!
公開劇場などで7月下旬より順次上映・掲出予定です。お楽しみに!

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』ポスタービジュアル

2019.07.03『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公式サイトがオープン!

『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』公式サイトをオープンしました。
12月20日(金)全国ロードショーです。公開をお楽しみに!