原作「カイジ」福本伸行×「沈黙の戦艦」かわぐちかいじ 主演『土竜の唄』シリーズ

告白 コンフェッション

親友と雪山で遭難。「最期に聞いてくれ――」
だが、助かってしまった。
5月 TOHOシネマズ日比谷他 全国ロードショー
黄金タッグが放つ絶体絶命密室エンタテインメント!
主演『土竜の唄』シリーズ 生田斗真×『あゝ、荒野』ヤン・イクチュン
監督:山下敦弘 脚本:幸修司、高田亮

COMMENT

W主演 浅井啓介役 生田斗真

ご出演オファーを受けられてのご感想

ここまで閉鎖的な空間で、出演者はほぼ二人と言っていいくらいのミニマムな世界観の中で、展開すること。そして何よりもヤン・イクチュンさんとお芝居ができるのが楽しみでした。

演じられた役柄について

この映画は冒頭、ある男とある男が遭難して山小屋に逃げ込んで、そこからお互いの関係性や、二人に何が起きたのかなどが明らかになっていきます。前情報としてお伝えできることが多くはないですが、ヤン・イクチュンさんの怖い顔と、それに怯える私が演じる浅井というのが、ハラハラドキドキして楽しんでもらえる大きな要素の一つになっていると思います。

劇場公開を待つお客様へのメッセージ

本当にドキドキする、最高にスリリングな作品になっていると予想されます。この映画は、始まりと終わりでガラリと世界観が変わるような作品だと思いますので、是非、公開を楽しみにしてほしいと思っています。

W主演 リュウ・ジヨン役 ヤン・イクチュン

ご出演オファーを受けられてのご感想

初めてオファーを受けたのが、4年前でした。ですので、とにかく頑張ろうという気持ちでした。4年の歳月を経て、シナリオも変わっていきました。完成したこの映画が、4年間の努力の結晶として素晴らしい出来栄えになれば良いと思っています。

演じられた役柄について

人間は誰でもミスや失敗をするもので、大きな失敗をした時に、一人の人間として、その状況でどのように自分の感情を隠し、その感情から抜け出すか、もがくものです。私はジヨンが浅井のようで、浅井がジヨンのようだと感じます。人間は時に弱くて怖がりです。その醜い感情をどのように表現するかを悩みました。

劇場公開を待つお客様へのメッセージ

最近は家で映画やドラマをよく見ますよね。もちろん、そういった作品もとても面白くて素晴らしいのですが、劇場で観る映画的な快感は失われているように思います。この作品が、劇場ならではの快感を味わえる映画になって欲しいなと思います。観客の皆さんに、そんな気分を味わって頂けると嬉しいです。

監督 山下敦弘

2018年に企画を立ち上げましたが、難航するシナリオ作業、
さらにコロナ禍での2度の撮影延期という憂き目を経て、ようやく映画化することが出来ました。
途中、何度も心が折れそうになりましたが、どうにか形にしたいという監督としての意地と、
プロデューサーたちの粘りの結晶が映画『告白 コンフェッション』です。
絶対に劇場で観てください。