Comment

※敬称略、順不同

休日の夜、家に帰ってお茶を飲んでてふと目が合って、
その日あったことを二人してクスクス思い出し笑いしちゃってるような、
心安まるひとときの映画でした。

坂元裕二(脚本家)

カトリーヌ・ドヌーヴの凄みに圧倒された。
私がこれまでに観たドヌーヴ作品の中でベスト1だ。
そして一番好きだ。

内館牧子(脚本家)

思いがけない後味の良さに、つい微笑んでしまいました。
登場人物たちが皆、何てキュートなのでしょう。
密かに私は、秘書のリュックのファンです。

小川洋子(作家)

カトリーヌ・ドヌーヴのにくいほどの貫禄と
無防備なかわいらしさにただ脱帽。

内田樹(思想家・武道家)

とても上質な香りの中に見え隠れする真実に やられてしまう。
一人一人の想いがあたたかく 辛く 優しく ひどくて
素敵な作品がまた増えました。役者さんたち素晴しい 大好き!

YOU(タレント)

言葉が出なかった。
国や人種を越えても更にかろやかに
人間の普遍的な血の縺れを描ききる是枝さんの在り方に、
驚愕と感嘆の絶句をした。

リリー・フランキー(イラストレーター)

その母親は「事実じゃ面白くない」と言った。
でも、女優一家の真実は、遙かに面白かった。
気付けば、まぼろし家族のホームドラマに酔いしれていた。

内田也哉子(文筆家)

寂しさとプライドは、演じるという仕事をしている自分にも常にあり、
それは持ち続けて良い感情な気がしました。
もう一度観て、また考えたくなりました。

広瀬すず(女優)

まさか、かつてスクリーンやロードショーを見て憧れた
可憐なカトリーヌ・ドヌーヴに、
樹木希林の面影を見出す日がくるとは!

町山智浩(映画評論家)

その人にとっての真実は書きかえられる!
生き様そのものが映画的。
ウソのない演技に切なさと心強ささえ感じられた。

余貴美子(女優)

遠い昔からの日常のように
是枝監督のセリフとフランスが共に息づいていた。
ドヌーヴとビノシュ、そしてマノンの声。
これほど贅沢に女優の女優たるものを味わえる悦びと
希望に満たされた時間に感謝です。

豊原功補(俳優)

見たことのないドヌーヴとビノシュ。
是枝監督が描く、満たされなかった「娘たち」の物語は、
軽妙で残酷で、美しい。

小島慶子(エッセイスト、タレント)

時に母性を閉じ込め、罪や罰、毒や孤独も、
何食わぬ顔で受け入れる業の深さ。
その道を生き切る女優は気高く美しい。

草野満代(アナウンサー)

無粋な空気感。
殺伐とした厳しい嫌味まで飛び交う会話や態度を
美しく優雅に五感に響かせてくれる『真実』。
過ぎ行く時間の幸せにMerci

萬田久子(女優)

不完全な虚栄と孤高に揺れる大女優と娘。
ドヌーヴの風格!そして緩やかに温かさが染み入る、
宝石の台詞が散りばめられた映画!

賀来千香子(女優)

“演じる”ことでしか伝わらない“真実”があるのかもしれない・・・。
そんな深い哲学を大女優二人の軽やかな演技が教えてくれる。

雨宮塔子(フリーキャスター・エッセイスト)

穏やかな空気感の中に女性の真の強さ、
演じるとは何かと自分自身との葛藤に
どの世代の女性も共感させられる部分があると思います。

平祐奈(女優)

心に残る台詞があったり、カトリーヌ・ドヌーヴの
とあるシーンでの表情、目の綺麗さが忘れられません。
とても素晴らしい作品を拝見でき、幸せです♡

トリンドル玲奈(モデル)

世紀の大女優カトリーヌ・ドヌーヴの演じるファビエンヌが
まるでドヌーヴの女優人生であるかのように錯覚してしまう。
女優という特殊な生き物の内面を
その家族のストーリーとして淡々と抉り出す老いたわがままなドヌーヴが
可愛く愛おしく見えてしまう是枝演出のマジックに魅せられた。

ダイアモンドユカイ(ロックシンガー・俳優)