「瞳をとじて」公開記念 ビクトル・エリセ特別上映

ミツバチのささやき
ミツバチのささやき
6歳の少女アナはフランコ独占政権下のスペインの小さな村に父、母、姉と暮らしていた。ある日、巡回上映で観た『フランケンシュタイン』に魅せられて、呼びかければ出てきてくれる精霊の存在を信じ、探し始める。姉が見つけた廃屋に精霊の存在を感じて通う日々の中、逃亡中の内戦の兵士に出会い、食べ物や着るものを運ぶのだったが・・・。ビクトル・エリセ監督の記念すべき繊細なデビュー作。
監督:ビクトル・エリセ/脚本:ビクトル・エリセ、アンヘル・フェルナンデス=サントス/撮影:ルイス・クアドラド/音楽:ルイス・デ・パブロ/出演:アナ・トレント、イザベル・テリェリア、フェルナンド・フェルナン・ゴメス、テレサ・ジンベラ
1973年|スペイン|99分|カラー|DCP|提供:アイ・ヴィー・シー
エル・スール
エル・スール
8歳のエストレリャは生まれ故郷のアンダルシアを捨てて生きる父親を慕っていた。振り子を使って水脈を見つける父は青春を過ごした南=エル・スールを離れて暮らしながら何を想っていたのか。少女が知ることのなかった一面を垣間見るころ、彼は突然、家を出ていってしまった。15歳に成長したエストレリャは記憶のなかの父の姿を回想する・・・。エリセ監督の『ミツバチのささやき』から10年後の第2作。
監督・脚本:ビクトル・エリセ/原作:アデライーダ・ガルシア・モラレス /撮影:ホセ・ルイス・アルカイネ/音楽:エンリケ・グラナドス/出演:オメロ・アントヌッティ、ソンソレス・アラングーレン、イシアル・ボジャイン、オーロール・クレマン
1983年|スペイン・フランス|95分|カラー|DCP|提供:アイ・ヴィー・シー
ビクトル・エリセ
ビクトル・エリセ
1940年6月30日生まれ。『ミツバチのささやき』(73)を長編デビュー作として発表し、10年後『エル・スール』(83)を発表。そしてさらに約10年後、画家アントニオ・ロぺス=ガルシアの制作風景に迫った半記録映画『マルメロの陽光』(92) を発表。寡作でありながらも、国内外の映画祭で高い評価を集め、日本でも多くの映画人に愛されるスペインの巨匠。
「瞳をとじて」公式X

THEATER

※「ミツバチのささやき」「エルスール」それぞれの上映期間や上映時間、上映日は
劇場によって異なりますので、詳細は直接劇場にお問合せください。

※今後変更になることがありますので、ご了承下さい。

※劇場リスト★マークがついている劇場にて入場者プレゼントの配布がございます。
入場者プレゼントはなくなり次第終了となります。
入場者プレゼントの詳細はこちらをご確認ください。

※7/3 現在
地域 劇場名 上映日付
東京 新文芸坐 7月1日
目黒シネマ 7月11日
Morc阿佐ヶ谷 7月19日
PAGE TOP ▲
地域 劇場名 上映日付
長野 上田映劇 8月2日
PAGE TOP ▲
地域 劇場名 上映日付
島根 jig theater 6月29日
PAGE TOP ▲
地域 劇場名 上映日付
沖縄 桜坂劇場 8月17日
PAGE TOP ▲