永遠に僕のもの

永遠に僕のもの

第71回カンヌ国際映画祭 ある視点部門正式出品

堕ちる



リピーターキャンペーン
2018年 アルゼンチンでNo.1のスーパーヒットを記録した衝撃の実話!

INTRODUCTION

1971年、重大事件で逮捕された少年に世界は魅了され欲情した─


天使のように美しい17歳のカルリートスは、


なぜ、〈悪〉として地上に舞い降りたのか─?

ブロンドの巻き毛に、吸い込まれるような大きな瞳、艶やかに濡れた柔らかな唇、磁器のように滑らかな白い肌。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎるヴィジュアルに、悪魔も逃げ出す傲慢な魂をたたえた、17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするようにナチュラルに、ダンスを踊るようにエレガントに。やがて転校先で出会った、荒々しい魅力を放つラモンと強く惹かれ合ったカルリートスは、二人でチームを組み、新しい遊びに熱狂するように犯罪に手を染めていく。だが、楽しくも狂った日々は、思わぬ形で終わりを遂げようとしていた──。

『トーク・トゥ・ハー』のペドロ・アルモドバル製作


アルゼンチンの新たなる才能たちが目の眩むほどの熱量で放つ


興奮と陶酔のクライム青春ムービー

1971年、ブエノスアイレスで殺人と強盗の罪で逮捕され、その天使のような顔立ちで世界を魅了した少年がいた。アルゼンチンでは知らない者のない彼をモデルに、衝撃の実話を官能的なエンターテイメントに仕上げたプロデューサーは、アカデミー賞®外国語映画賞を受賞した『オール・アバウト・マイ・マザー』で自身もカンヌ国際映画祭監督賞を、『トーク・トゥ・ハー』でアカデミー賞®脚本賞を受賞したペドロ・アルモドバルと、その弟のアグスティン・アルモドバル。そして、本国アルゼンチンで記録的ヒットとなった『人生スイッチ』のハビエル・ブリア。
オリジナリティに輝くフィルモグラフィを映画史に残し、世界中に信奉者が溢れる巨匠アルモドバルが、自身の美意識を引き継ぐ者として本作の監督に選んだのが、エッジーな映像センスが高く評価され、世界各国の映画祭で様々な賞を受賞してきたアルゼンチンのルイス・オルテガ監督。

カルリートスを演じるのは、本作が映画デビュー作にして、スクリーンから驚異のオーラを放つロレンソ・フェロ。実在の人物の“マリリン・モンローのような”人を発情させるほどの美貌を体現した。さらに、唯一無二の存在ゆえの孤独と、堕ちることの悦びを強烈かつポップに演じきり、ハバナ映画祭主演男優賞を始め海外の映画祭で数々の賞を獲得した。カルリートスと友情以上の情熱を魂で交わし合うラモンには、カルリートスとは正反対のワイルドな眼差しで観る者の心を貫くチノ・ダリン。カルリートスの母親には、『オール・アバウト・マイ・マザー』のセシリア・ロスが扮し、奥深い演技で作品の格を上げた。
破滅への逃避行の中、カルリートスが一度だけ流した大粒の涙の意味とは──? ボブ・ディランやアニマルズも愛した名曲「朝日のあたる家」の不穏で切ないメロディに乗せて、観る者の心を興奮と陶酔で昇天させるクライム青春ムービー!

「みんなどうかしてる。もっと自由に生きられるのに」
そうつぶやきながら、鍵の開いた窓からするりと留守宅の豪邸に入り込み、勝手にレコードをかけて軽やかに1曲踊ると、ジュエリーなどの戦利品を手に、盗んだバイクで帰宅する17歳のカルリートス(ロレンソ・フェロ)。1971年、ブエノスアイレス。真面目で善良な父と愛情に溢れた優しい母(セシリア・ロス)は、カルリートスの悪事に気付いていたが、まだやり直しが出来ると信じて息子を転校させる。新しい学校で出会ったラモン(チノ・ダリン)という青年に、カルリートスはいきなりケンカを売るが、それは彼の気を引くためだった。彼の野性的な魅力に、ひと目で心を射抜かれたのだ。ラモンもまたカルリートスの輝くようなブロンドの美しい姿で平然と罪を犯す、そのギャップに強く魅せられる。荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気付き始める──。

STAFF

CAST