『ワイルド・スピード』製作陣が放つ、潜水艦アクションの新境地。
そこは音だけが《見える》戦場

今再び、あの名言が証明される─

「潜水艦モノに外れなし」

『U・ボート』『レッド・オクトーバーを追え!』『クリムゾン・タイド』に続く潜水艦アクション大作復活、そして──米国防総省×米海軍全面協力、『ワイルド・スピード』製作陣により、リアルかつ壮大な新章へ!! 『U・ボート』『レッド・オクトーバーを追え!』『クリムゾン・タイド』
に続く潜水艦アクション大作復活、そして──
米国防総省×米海軍全面協力、
『ワイルド・スピード』製作陣により、リアルかつ壮大な新章へ!!

INTRODUCTION

1980年代から2000年代初頭にかけて、大ヒットを飾ってきた〈潜水艦モノ〉。だが、21世紀に入って間もなく、潜水艦をテーマにした超大作映画は洋画市場の新作ラインナップから姿を消した。潜水艦テクノロジーの急激な発展という現実に、フィクションが追いつくことができなくなった結果だ。そんななか、米海軍原子力潜水艦の元艦長ジョージ・ウォーレスと、ジャーナリストで作家のドン・キースが共同執筆した小説が2012年に出版、“最新鋭の潜水艦をリアルに描いた物語”と絶賛され、アメリカでベストセラーを記録した。その映画化権を『ワイルド・スピード』シリーズ製作陣が獲得、今の時代が求める〈本物の潜水艦モノ〉を成功させるための唯一かつ最大の切り札として、米国防総省と米海軍の全面協力を実現させた。
グラス艦長には、現代を代表するアクション・スターの一人、『ジオストーム』のジェラルド・バトラー。学歴もなく軍人のエリートコースからも外れ、現場での実力だけで艦長まで上り詰めた男が、緻密な計算力と大胆な決断力で鮮やかに危機を捌いていく様を爽快に演じた。修羅場をくぐり抜けてきた男にしか吐けない熱い台詞は、日々働くすべての人の胸に刺さるだろう。
統合参謀本部議長チャールズ・ドネガンには、『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』でアカデミー賞を獲得したゲイリー・オールドマン。戦争へと突き進もうとする大将をリアルに演じて、現代という時代の危うさまでも体現した。ロシアの艦長には、先頃惜しくも亡くなった、スウェーデンの名優『ミレニアム』シリーズのミカエル・ニクヴィスト。さらに、出演もした『グローリー/明日への行進』でアカデミー賞歌曲賞に輝くなどミュージシャンとしても高い人気を誇るコモンが、戦争を回避しようと奔走する少将を演じた。監督は、南アフリカで今最も期待されている、『裏切りの獣たち』のドノヴァン・マーシュ。
こうして復活した2019年の〈潜水艦モノ〉は、深海に潜む完全なる密室で外の音と己の経験値だけを頼りに見えない敵と戦う極限の緊張感と、予測不能の危機に直面する兵士たちのヒューマンドラマがスケールアップを遂げた。さらにそこに、超人的なネイビーシールズの極秘任務と、軍部の司令室で繰り広げられる頭脳戦が絡み合う──ダイナミックな進化を遂げた、潜水艦アクション大作新章の開幕だ!

STORY

攻撃型原子力潜水艦ハンターキラー×ネイビーシールズが強力タッグ
呼吸音すら命取りの深海で、ミッションを遂行せよ。

ロシア近海で1隻の米海軍原子力潜水艦が姿を消した。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”は捜索に向かった先で、無残に沈んだロシア原潜を発見、生存者の艦長を捕虜とする。同じ頃、地上ではネイビーシールズ精鋭部隊の極秘偵察により、ロシア国内で世界を揺るがす壮大な陰謀が企てられていることが判明する。
未曾有の緊急事態を回避するため、ハンターキラーには限りなく0に近い成功率の任務が下る。それは、絶対不可侵の水中兵器ひしめくロシア海域への潜航命令でもあった。グラスは任務遂行のため、シールズとタッグを組み、禁断の作戦実行を決断するが・・・。世界の運命は、一隻の潜水艦に託された――。

PRODUCTION NOTES

01
潜水艦の元艦長が書き上げた
リアルな物語
02
潜水艦アクションに新たな嵐を
巻き起こす新進監督
03
キャリアにない演技を
求められたアクション・スター
04
米海軍の稼働中の潜水艦に
乗船かつ撮影
05
個性派キャストが陸上で対立
06
映画史上初!
最新鋭の潜水艦を完璧に再現

原作:「ハンターキラー 潜航せよ」ジョージ・ウォーレス&ドン・キース(ハヤカワ文庫)

BASED UPON THE NOVEL “FIRING POINT” WRITTEN BY GEORGE WALLACE AND DON KEITH

ドン・キースは1947年生まれ。ラジオパーソナリティなどを経て1995年に作家デビュー。フィクションの他に、第二次世界大戦を扱った軍事ノンフィクションも多数発表している。共作者のジョージ・ウォーレスは元海軍の原子力潜水艦艦長で、ドン・キースとの共作3作のほかにも1作長篇小説がある。

ジョージ・ウォーレス&ドン・キース著作リスト
2003 Final Bearing
2012 Firing Point / 映画『ハンターキラー 潜航せよ』原作
2015 Dangerous Grounds
CAST
GERARD BUTLER (Captain Joe Glass)
GARY OLDMAN (CJCS Charles Donnegan)
COMMON (RA John Fisk)
LINDA CARDELLINI (Jayne Norquist)
TOBY STEPHENS (Bill Beaman)
MICHAEL NYQVIST (Captain Andropov)

STAFF
A FILM BY DONOVAN MARSH
MUSIC BY TREVOR MORRIS
COSTUME DESIGNER CAROLINE HARRIS
PRODUCTION DESIGNER JON HENSON
DIRECTOR OF PHOTOGRAPHY TOM MARAIS SASC
EDITOR MICHAEL J. DUTHIE
PRODUCED BY NEAL H. MORITZ
AND TOBY JAFFE
GERARD BUTLER
ALAN SIEGEL
TUCKER TOOLEY
MARK GILL
JOHN THOMPSON
MATT O’TOOLE
LES WELDON
BASED UPON THE NOVEL “FIRING POINT” WRITTEN BY
GEORGE WALLACE AND DON KEITH
SCREENPLAY BY ARNE L SCHMIDT AND JAMIE MOSS
キャスト
ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス艦長)
ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン統合参謀本部議長)
コモン(ジョン・フィスク海軍少将)
リンダ・カーデリーニ(ジェーン・ノーキスト)
トビー・スティーヴンス(ビル・ビーマン)
ミカエル・ニクヴィスト(アンドロポフ艦長)

スタッフ
監督:ドノヴァン・マーシュ
音楽:トレヴァー・モリス
衣装:キャロライン・ハリス
プロダクション・デザイン:ジョン・ヘンソン
撮影:トム・マレー
編集:マイケル・J・ドゥーシー
製作:ニール・H・モリッツ
トビー・ジャッフェ
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル
タッカー・トゥーリー
マーク・ギル
ジョン・トンプソン
マット・オトゥール
レス・ウェルドン
原作:「ハンターキラー 潜航せよ」ジョージ・ウォーレス&ドン・キース
(ハヤカワ文庫)
脚本:アーン・シュミット、ジェイミー・モス